自分で選択してLGBTQの人生が変わるすごろくゲーム

カミングアウト・性転換・就職・保険・結婚・パートナー
自分で選択でLGBTQの人生が変わるすごろくゲーム

LGBTQとしての生活で今から何が起こるのか?何が社会生活で問題になるのか?を体験し学び、楽しむボードゲーム。
トランスジェンダーFTMである鈴木優希が監修をいたしました。
学生生活、社会人生活を経験するすごろくゲームですがLGBTQの出来事を散りばめ、違和感なく遊んでいただけます。
カミングアウトで友人関係や就職はどう変わるか。性転換した後の医療保険や結婚はどうなるか。自分で選び人生が変えていくことができます。
本当にあったLGBTQの実体験をもとにして製作しているので、LGBTQをこれから知っていきたい方はもちろん、LGBTQ同士で「あるよね~」と言いながらワイワイ楽しんでいただけるボードゲームになっています。
お金や友人、そして「自分の心」が満足できるベストな人生を考えながらゴールを目指していきましょう。

楽しむゲームとしても。学習用ゲームとしても


・LGBTQ当事者としてワイワイ楽しみたい
・LGBTQかもと思っている人がこれからを体験したい
・家族や周囲のLGBTQ当事者の気持ちを理解したい
・学校や職場などLGBTQの教育に役立てたい

当事者はもちろん、当事者以外の人にももちろん楽しみ、学んでいただけるボードゲームになっています。

サイコロを振ってコマを進めるシンプルなルールだけど
セクシャリティに注目したゲーム性にしました

性別で括られるボードゲームが多い中、このゲームでは自分のピンは生まれた体の性別以外にも、カミングアウトや性転換をに合わせて自分の好きなピンを選ぶことができます。
ピンの状態によってゲームの内容に変化に変化を持たせてあり、カミングアウトや性転換で何が起きるかを体験することができます。

LGBTの実体験をもとにしたイベントマス

監修をFTM(トランスジェンダー)である鈴木優希が行い、様々なLGBTQの出来事をマスにしました。
特に学生時代、社会人になってからLGBTQとしておこりうる、良いことも悪いことも正直に内容に盛り込んでおります。

たくさんのLGBTフレンドリーな友達

自分のセクシュアリティを理解してくれるLGBTフレンドリーな友達はとても大切です。
自分の心のうちを明らかにすることでこのゲームでは沢山のLGBT当事者とLGBTの理解者に出会うことできます。
そして、自分の人生に良い効果をもたらせてくれます。

LGBTQにはセクシャリティにおけることで人生において大きな選択があります。それをボードゲームのルールで再現しています。

カミングアウト

カミングアウト
LGBTQの人がLGBTQであることを公表するのが、カミングアウト。
LGBTQを体験するゲームなので、カミングアウトを自分で選択して行うことができます。
カミングアウトはとても勇気のいる行為で、自分の心に正直に生きられますが、いいことばかりではありません。
現実においてはカミングアウトしているか否かで、周りからの反応が変わります。
ゲームにおいても職業、恋人、社会生活などでカミングアウトにより内容が変わるようにできています。
カミングアウトを本当にするべきかどうかを考えてみてください。

性転換

性転換
トランスジェンダーの転機となる性転換。
するかどうかの選択次第で、今後の生活や生命保険、健康、結婚などが変化していきます。
ゲーム内で性転換を自分の意思で選択をし行うことができます。
LGBTQの中でもT=トランスジェンダーは自分の身体の性別の悩みを抱えております。
性転換(性別適合手術)をすることで、身体を理想の性別に近づけることができます。
もちろん、性転換にはリスクがあり、その点がゲームに反映されていますので、じっくり選択してみてください。

結婚・パートナー

結婚をするのか、パートナーを選ぶのか。
今の法律的に結婚をするためには条件が必要であり、戸籍上で男女になっているもの同士でしかできません。
結婚を選ぶのかパートナー(生活を共にする恋人)を選ぶのか、それを選択することができます。

LGBTQの就職活動

LGBTQの就職
LGBTフレンドリー企業など、昔に比べLGBTQに優しい世の中になりましたが、それでもまだまだLGBTQが職業に抱える問題はあり、その点は無視ができません。
ゲームにおいてもLGBTQに寛容な職種など、違いがあります。
LGBTQの人が気になる「水商売」などの珍しい職業や性別問題を抱えやすい「アスリート」などバラエティに富んだな職業につくことができます。
自分の生きたいセクシュアリティ(性のありかた)にそって職業選択ができます。

監修:FTM当事者 鈴木優希より

鈴木優希のプロフィール写真
FTMの当事者である鈴木優希が監修し、私自身と知人である多くのLGBTQの人の体験などをもとに制作をいたしました。
実体験をもとにしたマスの内容や就職など、リアリティのある人生を体験してもらうことができます。
LGBTQのことをゲームにするということに賛否両論あると思います。
このゲームを作った目的は当事者の方に遊んでもらうという目的もありますが、それとは別に「周りの人がLGBTQのことをどうしたら理解してもらえるだろう」という思いがございます。
今の世の中にはLGBTQのことを知る方法は書籍やインターネットなどの文章での教材で読むだけのものしかありません。
読んでもらうことだけで「LGBTQに寄り添ってもらう」ということは、正直なところ難しいと感じています。
実際の苦楽を体験してもらうにはどうしたら良いか、なりきれるものは何かと考えた先に思いついたものがボードゲームでした。

そして、LGBTQかもと思っている人、LGBTQと自分を認識したばかり人にも、これからどのようなことが起こるのかを知ってもらうためのものでもあります。
世の中が良くなるということはとても理想的ですが、先の未来に期待をするまえに、今の現実で決められている世の中で生きていかなければなりません。
私が苦労してきたからこそ、これからLGBTQとして生きていく方にも知っておいてほしいことがたくさんあります。
これからの人に、あらかじめ知っておいてもらうことで冷静に判断をし、大きく苦労をせずに自分の好きなように生きてもらいたいと考えています。

ボードゲームという聞くと「ふざけてる」と感じる人もいるかもしれませんが、教材としての側面をもって真剣に作らせていただいております。
LGBTQセレクトライフでは実際に起こるLGBTQの事柄を忖度なくルールに入れ、プレイヤーにそれを体験してもらうことがLGBTQの人の気持ちや問題点を共感してもらえると考えております。
ゲームをワイワイと楽しんでもらうだけでなく、LGBTQを学んでもらうための学習のツールとしての側面を持ったゲームがこのLGBTQセレクトライフです。
もしかしてLGBTQかも?と思っている人はこれから社会生活にどのようなことが待っているかを体験することで備えることができます。

鈴木優希プロフィール

1980年生まれのトランスジェンダー(FTM)。元女性。
10代の頃から性別に悩み、20代でホルモン治療や性転換手術を受け、男性に戸籍変更済み。
今までの経験を生かし、同じ悩みを抱えている方に寄り沿えるようなサービスとしてLGBTの交流会や執筆活動を始める。

利用した方の声

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar01.jpg
20代女性

私はあまり周りの目を気にしてないレズビアンです。ボードゲームで同棲パートナーを乗せれたり、レズビアンやゲイの友達ができて当事者でも楽しめました。
少しルールが難しい点もありますが、私の知らない性転換の悩みについても知ることもできました。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar02.jpg
40代男性

私は職業としてもトランスジェンダー男性を表に出し仕事しております。
私が思春期から30代で体験したセクシャリティのことがそのままマスに散りばめられており、トランスジェンダーとして堂々と生活をしている私としては、昔の思い出のあるあるを楽しむことができました。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar04.jpg
50代女性

私は当事者ではありませんが、LGBTQに関心があります。
ゲームを通してみて、性転換や保険、結婚などLGBTQとしての無視をしてはいけない現実を知ることができました。
テレビで見るLGBTQの人はとても楽しそうにしていたから、きっと薔薇色の人生を送っていると思っていましたが、その裏での苦労や悩みをゲームを通して理解できました。
最初はゲームと聞いてコミカルな印象があり軽率なイメージもありましたが、遊んでみてこれはわかりやすくした教材だと思いました。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar03.jpg
30代男性

私はトランスジェンダー男性です。自分の人生では縁がないけれどLGBTQの人口が多い水商売に興味があり、その職業でプレイしました。
職業、性別など多種多様な人生を体験できるだけでなく、その中で保険やカミングアウトなどについて考えされるようできており、遊びと学びが両立できるゲームでした。
私は教育関係に勤めていたこともありましたが、これは学生にプレイさせてどう感じるかを知りたいと思いました。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar05.jpg
40代女性

私は当事者です。ゲームの内容が多数の人とは違うということを感じさせ、いままで自分が歩んできたものに近く、ゲームでも大変な人生を送るのかと少しへこみました。
けれどもこれからLGBTQとして人生を歩む人や、家族や学校、会社などのまわりの人にLGBTQを知ってもらうにはこのくらいはっきりしている必要性も理解もできました。
題材にされることがないくらいに自然になるような社会的な状態と理解を望みます。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar06.jpg
30代女性

私は20代をトランスジェンダー男性として生活をしましたが、30代になってから無理をしていることに気づき生きやすい女性として生活しています。
若い頃にこのゲームがあったらその時の思い込みなどをもっと冷静に考え、性別に縛られることなく自分にとって本当に生きやすい人生を歩むことができたかもと思いました。

https://brushup-slct.com/wp-content/uploads/2022/03/avatar07.jpg
30代女性

LGBTを否定することはありませんが、もし自身の子どもがそうであったら?と思うと実は夜も眠れない日があったりしました。
でも、子どもがそうであるならそれらを取り巻く環境を理解しないとダメだと思いこちらに興味を持ちました。
法律面などもそうですが、健康面に関して特に性転換を含むものだと、これだけのお金が医療費としてかかるか具体的に理解をできたことが良く、LGBTではない父兄が一般的な流れを知るのに良いボードゲームであったと思います。

商品ラインナップ

パッケージを2種類用意しています。(同梱品は同一です。)

セレクトライフイラスト版パッケージ
一番標準的な、イラスト版パッケージになります。

購入する

セレクトライフ写真版パッケージ
監修の鈴木優希の写真を使用したパッケージになります。ファンの方におすすめです

購入する